佐世保の特産品には様々な種類があります

自然と気候がもたらす海・畑・山の恵み

歴史のある港湾都市・佐世保といえば、軍港やハンバーガーを連想する人が多いのではないでしょうか。しかしそれだけではありません。実はこのあたりは、海産物・農産物ともに多くの種類の特産品がある地域です。国立公園に指定されている九十九島は、温暖な海流が特徴で、さまざまな魚介類の宝庫です。国立公園にも指定されている山側は、茶葉の生産地に最適な涼しい気候。夏の気温が高く降雨量も多い佐世保は、その他にも全国的に有名なブランドフルーツも産出しており、豊かな自然に育まれた海の恵み・山畑の恵みがあります。

豊かな海流に育まれた海産物たち

複雑な地形と温かい海流が特徴の佐世保の海。水産物の特産品も種類が豊富です。この地域は牡蠣の産地として有名で、冬は「マガキ」、夏は「イワガキ」がとれます。なかでも、複雑な地形と温かい海流が特徴の九十九島でとれる「九十九島岩ガキ」はこの土地のブランド品。丸々と太った身が特徴です。また、この地域では尖ったヒレが特徴的な魚「カサゴ」も多く生息します。旨みがありながら、あっさりとした白身のこの魚は、煮つけや鍋物の具として使用するほか、味噌汁などにも入れます。特に味噌汁は長崎県内の料理屋でも出るほど。多くの人に親しまれています。そのほか全国的にも大変珍しい「赤マテ貝」もこの地方ならではの海産物。マテ貝自体、関東以北では知らない人も少なくない貝ですが、赤マテ貝はさらに希少。細長い姿をしており、マテ貝より色が濃いのが特徴です。焼いたり茹でたりして食べます。

農産物は全国的に有名なものばかり

佐世保は農産物でも、たくさんの種類の特産品があることで知られています。特に冬から春にかけて出荷される「西海みかん」は全国的に有名です。この地域のブランドはいくつもありますが、中でも「出島の華」は指定の農園で、こだわった栽培方法により育てられる高級みかん。大手デパートや高級フルーツショップで見かけたことのある人も多いでしょう。このみかんは、14度以上という大変高い糖度が特徴です。またこの土地は、イチゴやメロンといった果物の産地としても知られています。野菜では、アスパラガスやブロッコリーなどが有名です。そのほかには、ブランド茶「世知原茶」もあります。比較的雨量が多く水の豊かな高原の地域は、県内でも気温の低い涼しい気候。自然公園として県に指定されている地帯でもあり、茶葉の栽培に適した環境です。ここでとれる世知原茶は、香りが良く美しい色が特徴です。